主な施術内容

当クリニックで行っている主な手術

  • 陥没乳頭、乳頭縮小術、乳頭変形修正術
  • 乳房インプラントの除去、脂肪注入異物の切除術
  • 眼瞼下垂症手術、眼瞼しわ取り手術、重瞼術
  • 小陰唇縮小術、婦人科形成術
  • 乳房固定術、乳房縮小術、豊胸術、乳房再建術
  • 眼瞼瘢痕修正術、義眼床手術
  • 腹部形成術、臍形成術
  • 斜鼻修正術、立耳修正術、耳垂裂修正術、耳介変形修正術
  • 顔面しわ取り術、フェイスリフト

これらの他にも美容外科の様々な手術を行っています。詳しくはお問い合わせください。

当クリニックで得意としている手術

陥没乳頭、乳頭縮小術、乳頭変形修正術

陥没乳頭の修正手術に、最も力を入れています。

陥没乳頭とは乳頭が乳輪より下にもぐってしまって、乳輪より上に突出していない状態を、陥没乳頭と言います。

乳頭が突出していないと、赤ちゃんが吸い付けず、授乳ができず、赤ちゃんも泣き叫び、お母さんも授乳ができない為、乳房が腫れて痛くイライラします。また陥没しているところからばい菌が入り、乳腺炎や乳輪下膿瘍で、乳輪の下に膿が貯まることがあります。整容的・美容的にも、修正が必要です。

この修正は非常に難しく、よく他院でやってすぐ戻ってしまったと言って来院される女性が多いのが現状です。酒井院長の開発した「酒井法」で手術を行えば、ほとんどの方が治っています。

乳房インプラントの除去・取り出し、脂肪注入異物の切除術

以前に豊胸術で乳房にシリコン・インプラントを挿入していた人は、長い年月で入れていたシリコン・インプラントが傷んできて、パンクしたり、破損することがあります。また位置がずれてきたり、周囲にカプセルという硬い膜ができて、それが縮んできてボールを入れたように球状に硬くなって痛みが出ることがあります。

このような症状以外にも、異物のシリコン・インプラントを入れていることが、何かの障害を起こすかもしれないと心配になり、インプラントの取り出しを希望する方が、最近当クリニックにもよく来られます。

眼瞼下垂症手術、眼瞼しわ取り手術、重瞼術

生まれつきうわまぶた(上眼瞼)が下がっていることや、コンタクトレンズを長く入れていると、その出し入れの為に上眼瞼が下がってきて、年齢とともに上眼瞼が下がってくることがあります。これらは眼瞼下垂症と言われ、瞼が下がった為に目の前にひさしがついたようで、前や上方向が見えにくくなります。また「眠いような感じの目になった」と言われることもあります。

これは上眼瞼を持ち上げる瞼の筋肉が伸びて薄くなってしまって、瞼を持ち上げる力が弱くなっているのです。このような状態で瞼を持ち上げる筋(眼瞼挙筋)の力がかなり残っている場合は、この筋を前へ引き出して固定したり、筋を短くすることで上眼瞼を持ち上げ、目を開かせることができます。

持ち上げる筋の力が非常に弱い場合には、大腿の外側や手首の筋(筋膜・腱膜)を少しもらってきて、上眼瞼に移植し、額の筋に吊り上げることにより治せます。また上眼瞼の皮膚が余ってたるんできて邪魔になる時は、その部の皮膚を二重瞼に沿って紡錘形にとって見やすくすることができます。一重瞼の人は糸を掛けたり(埋没法)、切開して固定する(切開法)ことにより、二重瞼にすることができます。

小陰唇縮小術、婦人科形成術

小陰唇が大きいと下着の中で邪魔になったり、あせもでかゆみがでたり、形が悪いと思われることがよくあります。また遊んでいるからそこが大きくなると思われるふしもあり、これらを小さくしたいと考えている人も多く、手術に来られます。

酒井院長は乳房再建後の乳頭・乳輪作成に、これらの部分から色素の濃い皮膚をよく採取した経験から、これらを小さくする手術を手がけています。局所麻酔の日帰り手術で可能です。