陥没乳頭の説明と症例

陥没乳頭とは?

写真1(重症陥没乳頭、術前)

乳頭が乳輪平面より下へ潜っている状態を陥没乳頭といいます。写真1のような乳頭の状態をいいます。このような状態は思春期ころの女性に、外見上の精神的な苦痛はもとより、妊娠出産しても授乳が行えないなどの機能的な問題も出てきます。これを修正する手術は非常に難しく、他院で手術してもすぐにもとに戻ってしまったと来られる方も多く見かけます。

酒井法では、潜った乳頭を引き出すため、中をよく見るように潜った乳頭の中へ直接切り込んで、開いて行って乳管部分をよく観察し、乳管を出来るだけ切らないで周囲の引きつっている部分を解除しつつ(写真2)、乳頭を持ち上げる方法で、授乳機能を温存することが出来ます。

写真2 酒井成身編「美容外科基本手術」より

写真3 術後(授乳が可能です)

このような方法で手術がうまく行っていれば、写真2のように乳頭を突出させて、お乳を出るように出来ます。

手術は日帰り局所麻酔で、両側1時間ほどで終わります。ただ乳頭が再陥没しないように突出した乳頭の頸部を締めつけて治そうとすると、乳頭が壊死に陥り、乳頭欠損になってしまい、これは大変な合併症となります。術後の何かピアスや吊り上げ糸で吊り上げていなければならない方法は、剥離して突出させ方が不十分なのです。糸を切ればもとに戻ることが多いのです。

術後の痛みも鎮痛剤で収まり、問題となったことはありません。この方法の考え出した酒井先生は1000例以上にこの方法を用いて良好な結果を出しています。

他院で手術後戻ってしまった陥没乳頭では、瘢痕だらけで、非常に難しいのですが、酒井はこれをよく治しています。ただ乳管がやられているので授乳は非常に難しくなります。