陥没乳頭・乳頭縮小術・乳頭変形修正術

陥没乳頭の手術は簡単ですか?

陥没乳頭を修正する手術は非常に難しく、他のクリニックで修正術を受けても2ヶ月くらいでまた元に戻ってしまったと言って、当クリニックへ来院する患者さまがたくさんおられます。

とある大学の形成外科の教授は、医局員に対し「難しいから絶対に手を出さない方がいい手術が一つだけあり、それが陥没乳頭だ!!」と言っておられます。他のクリニックでは手術しても50~60%くらいしか治らないと言われたり、またすぐ元に戻ることもあると言われることもあり、また古い健康雑誌にも60%くらいしか治らないと書いてあることもあります。

ですが、実際それは間違いで、当院の酒井院長が「酒井法」で手術を行えば、ほとんどの陥没乳頭は修正されています。酒井院長はこの陥没乳頭の手術に最も力を入れており、国内外の学会で発表し好評を得ています。

酒井法とはどんな方法ですか?

酒井院長が30年ほど前に開発した「酒井法」は、潜っている乳頭の中を開きつつ、しっかり観察しながら乳管をできるだけ切らず温存して、乳頭を引きこんでいる引きつった組織を分離剥離して陥没を修正する方法で、形成外科の教科書にも載っております。

できる限り乳管を温存するので、術後授乳が可能です。ただ、他のクリニックで手術をされ再陥没した場合は、瘢痕拘縮が強く、非常に手術がやりにくく、術後授乳が無理になることがほとんどです。

手術は日帰りですか?

手術は日帰りの外来手術、局所麻酔で行います。始めれば両側で40分から1時間ほどで終了し、術後は乳頭部をくりぬいたガーゼでカバーします。

もぐりこんだ陥没乳頭を持ち上げると皮膚がない部分ができますが、2〜3週間ほどで皮膚ができてきますので、途中あまりガーゼを変えすぎると、できたばかりの皮膚が剥がれてしまいますので、1週間ごとに通院していただき、2〜3回ガーゼを変えます。

術後は入浴できるのですか?

途中はガーゼの上に薄いビニールのカバーをしますので、それを剥がさないようにしてシャワーをしていただけます。

抜糸やその後の処置は?

抜糸は2週間〜1ヶ月ぐらいで行います。2〜3週間でガーゼが取れた後は、レストンスポンジというスポンジで乳頭部分をくりぬき、ドーナツのようにして貼って乳頭を守ります。このスポンジは半年〜1年くらいは続ける方がいいでしょう。

抜糸が済んだ後は、術後1ヶ月目、3ヶ月目、半年後、1年後と経過を見ていきます。

酒井院長は、自分で手術した患者さまは、医者を続けている限り自分で診ることをモットーとしていますので、何年でも経過観察の診察にいらしていただければと思います。

悩まず、まずはご相談ください!

厚生労働省による医療機関のホームページガイドラインにより、2013年以降ホームページに術前術後の写真を掲載できなくなりました。

当クリニックではカウンセリングの際に様々な症例を参考に、より一層分かりやすくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせいただき、お気軽にご相談ください。