乳房シリコン・インプラントの除去

インプラントはどのようにして取り出すのですか?

破裂して中のシリコンが漏れ出し周囲の組織に入り込んでいなければ、比較的簡単に取り出すことができます。豊胸の時に切開したように、皮膚を切開し、中からシリコン・インプラントを引き抜きます。バッグが破れて中のシリコンが漏れている場合は、そのドロドロと漏れたシリコンをふき取ります。

切開は乳房の下側(足側)で、ふくらみが平らになる線(乳房下溝線)の線上で、やや外側のところに切開を入れれば取り出しやすく、またインプラントを取り出した後はその線部分で陰になるように切開しますので、長い年月で傷も分かりにくくなります。

入院は必要ですか?

中のシリコンが漏れ出して周囲の組織に浸潤(入り込む)ことがなければ難しい手術にはならないので、外来で局所麻酔の手術が可能で、日帰りで帰れます。

インプラントが破損していて漏れ出していても、普通は周囲にカプセルというしっかりした膜ができており、カプセルを越えて浸潤しているケースは少ないです。漏れ出してどうしても心配な人は、軽く安定剤を注射して鎮静します。鎮静した場合は、手術後2時間ほど休んで鎮静が取れたらお帰りになれます。

術後痛みや入浴は?

周囲に浸潤していてカプセルなどを切除する以外、術後痛みはあまり感じません。長い年月を経ていると周囲のカプセルに石灰が沈着していて卵の殻のようになり、それまで切除した場合は痛みが出たり術後出血することもあり、タンクトップのような弾力包帯でしっかりと圧迫固定を2週間ほどします。

切開創は中で縫い合わせ(皮下縫合)表はテープで固定するだけのことが多いので、次の日からシャワーができます。

術後は安静が必要ですか?術後の通院は?

カプセルなどの取り出しがなければ、次の日からデスクワークは可能です。周囲のカプセルや組織を切除した場合は安静気味にしていた方が出血などは防げるでしょう。

通院は術後2、3日したら一度診察して、出血などの問題が無ければ、その後1週間目、2週間目くらいで大丈夫です。術後3ヶ月、半年、1年と経過を診ていきます。

脂肪注入後のしこりの切除はどんな手術になりますか?

豊胸目的で脂肪を注入した場合、一箇所に大量の脂肪を注入すると、血液の栄養が行き渡らず脂肪が壊死して硬くなったり、脂肪が溶けてサラダ油のような油がたまり、周囲が袋(オイル嚢胞)のようになります。これらも皮膚表面からは硬くシコリのように触れます。少し時間が経つと、これらに石灰が沈着して硬さを増します。

基本的にはシリコンの周囲に浸潤した組織の切除と同様になりますが、比較的大きめのものは対称がはっきりしていて取りやすいのですが、小さなものが沢山ある場合は分かりにくく、全てを取り除くことは不可能です。硬く邪魔になるものだけを取ることになります。

脂肪注入のシコリはどこに切開を入れて取るのでしょうか

乳房下溝線に近いところのシコリは、シリコンの切除と同様に乳房下溝線に切開を入れて取り出します。乳頭・乳輪に近い部分のシコリは、乳輪の辺縁をギザギザに切って中に入り取り出します。乳輪より上のシコリは乳輪の上側辺縁に切開を加えます。

乳頭・乳輪から少し離れていても、皮膚が柔らかいので乳輪辺縁からその部分へ到達することが可能です。乳輪より下にあるシコリは、乳輪の下側の辺縁で切開します。右側なら右寄りで、左なら左寄りで入ります。この部分はもともとギザギザした感じですので、ほとんど傷は目立たなくなります。

それほど数が無ければ、インプラントの切除と同様に、外来で局所麻酔またはそれに鎮静を追加して、日帰りで手術が可能です。経過も同様です。

悩まず、まずはご相談ください!

最近よくご相談をいただく手術です。痛みがひどくなる前に、まずはご相談ください。

当クリニックではカウンセリングの際に様々な症例を参考に、より一層分かりやすくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせいただき、お気軽にご相談ください。